NFTとは何?基本知識と詐欺にあった場合の対処、対策方法を解説!

昨今ではさまざまな場所で「NFT」という単語を目にする機会が増え、興味を持った方もいるかもしれません。

調べると詐欺事件に関するニュースが多く、不安が大きくなってしまった人もいるのではないでしょうか?

この記事では、NFT詐欺の特徴や対策、被害にあった際の対処法などをご紹介していきます。

 SNSやマッチングアプリ関連の詐欺被害が急増中です。特に異性を装い好意を利用した国際ロマンス詐欺が増えています。 「返金してもらいたい」「詐欺かどうか相談したい」という方は、詐欺師の特定に強い調査会社へ相談してみましょう!(※弁護士に断られた方でも対応可)

\ LINEでも電話でも最短即日で対応 /

そもそもNFTとは何か?

「NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)」とは、

NFT:偽造不可能な鑑定書と所有証明書が付いたデジタルデータのこと。

NFTはアートや写真、動画などのデジタルコンテンツが該当し、そのデータに価値がつき、改ざん・偽造ができない仕組みになっています。また、たった一つだけの価値であり、別のNFTとは非代替性です。

NFTの仕組みとは?

デジタルデータは、これまで改ざんやコピーを容易にすることが可能であった為、海賊版ゲームやDVDなどを作成する人が後を絶ちませんでした。

このような現状を変えたのが、ブロックチェーンです。ブロックチェーンは、複数のシステムに保存された取り引きの記録帳簿。この技術は作品を作った者が所有者であることを担保し、所有権を自由に移転することが可能です。また、売買履歴や所有者情報が紐づいて記録されます。

唯一無二な資産的価値を付与することによって、価値の代替を不可能な現物のアート・宝石などと同様な仕組みを作ることができたのです。

NFT取引はデジタル環境で取引が完結するため、重要な証拠となる銀行やクレジットカード会社などの足跡を残すことなく取引ができるので、詐欺被害の標的となりやすいと言えます。

また、NFTは歴史が浅く法律などもまだまだ未整備な部分が多いこともあり、購入や売買が不安になってしまうでしょう。

安全に購入できるよう、詐欺の主な手法を紹介していきます。

偽のNFTを購入させる

偽物NFTを生成することが可能なことから、正規作品をコピーして販売している手口があります。

また、作者になりすまして作った偽物を購入するよう、仕向けることも多々あるようです。

マーケットプレイスに誘導してくる

偽のマーケットプレイスを作成し、誘導してくる手口もあります。

本物のNFTマーケットプレイスと見比べてもかなり似ており、じっくり観察するとURLやレイアウト・色彩が若干異なっているのが特徴です

本物だと思っても、実は偽物だったということもあるので、注意してみるようにしましょう。

誘導方法は、主にTwitterなどのSNSや電子メールで拡散されているようです。

また、偽サイトを使い個人情報などを盗むフィッシング詐欺もあります。

フィッシング詐欺は被害事例が複数寄せられており、インターネットサービスを利用する中で注意すべきと認識されている方も多いでしょう。

NFTの話題が世界的に有名となったこともあり、通販サイト利用者を狙った手口が増加しているため注意が必要です。

NFTを装うリンクやファイルから感染させる

会員限定や、条件を満たした人にプレゼントを無償で配布している企画を「Airdrop(エアドロップ)」と呼びます。

このAirdropを利用し、不正なファイルやリンクを配布する手口が増加しています。

ファイルやリンクを開くと、システムに重大な被害をもたらすプログラムが組み込まれているため、送信元が確実にわかるもの以外は開かないようにしましょう。またセキュリティソフトを導入し、使用しているパソコンなどのバージョンをアップデートしておくと、回避率が上がります。

市場で横行しているRugpull

RugPull(ラグプル)とは、プロジェクト自体が最初から詐欺目的で作られ、集めた運営資金を運営者が持ち逃げする詐欺のことをいいます。

このような詐欺をされたことを「ラグられる」と言うこともあるそうです。

悪質でありながら法の整備はされておらず、見極めは非常に難しいこともあり詐欺事件が横行していますので注意しましょう。

あわせて読みたい
ビットフライヤーが詐欺に使われてる?手口や対処法を解説! 近年、仮想通貨の取引所のテレビCMを見かけることが増えました。 それだけ仮想通貨似寄る投資がメジャーになってきた証拠かもしれませんが、一方で詐欺被害も後を絶ちま...
\ 海外FX/仮想通貨詐欺に対応 /

NFT詐欺被害にあわないための対策とは

ここまで、どのような詐欺手法があるのかをご紹介してきました。

多くのNFTを使用するユーザーは、詐欺被害に遭わないよう対策を行うことが重要となります。

どんな対策があるのか、ひとつずつご紹介します。

出品者や販売元などをチェックする

本物そっくりの偽サイトは数えきれないくらい生成されており、検索上位に上っていたりと目立っている場合もあります。

広告費を払うことで、本物よりも表示を上にあると装っていることも。

「OpenSea」のコレクションにSNSが紐づけられていますので、購入前は出品者の情報・販売元のSNSなどを必ずチェックしましょう。

メールやリンクが本物かを確認

NFTを始めると、Twitterを使用することが多いかと思います。

しかし、DMに送られてくるリンクファイルはとても危険です。Twitterに限らず他SNSのDM、電子メールに勝手に送られてくるものも開くことがないようにしましょう。

それでも「どうしても気になってしまう…」という人は、予めフォロー外のDMは受け付けないなど、設定を見直しておきましょう。

詐欺サイトにアクセスしてしまうと、個人情報などが盗み取られてしまう可能性があります。

セキュリティソフトを導入する

セキュリティソフトにはウイルスを検出する機能が備わっています。

万が一リンクを踏んでしまった場合や、ウィルスの感染が心配な場合はウイルススキャンを実行しましょう。

また、セキュリティソフトは常に最新版にしておくことも大切です。

DYORの概念を基本にして行動する

DYORは「Do Your Own Research」の略です。
他人に頼るのではなく、自分自身で調査を行うべき、ということを意味しています。

NFTでは基本的な概念として基準にされており、仮想通貨では特によく聞く言葉になります。自分で調べ、危険性などをしっかりと理解しておくことが重要です。

\ 海外FX/仮想通貨詐欺に対応 /

NFT詐欺にあったときの対処方法

NFT詐欺の被害に遭ってしまうと、取り戻すことが大変難しいと言われています。

万が一詐欺にあった場合は、できるだけ素早く、かつ慎重に対応しましょう。

すぐにできる対処方法をご紹介します。

ウォレットから資産をすべて抜き接続を解除する

資産が盗まれていない段階で詐欺被害に遭っていることに気付くのは難しいでしょう。ですが、一部残っている場合はウォレットから保有しているNFTを他のウォレットに全て移行しましょう。

また無事に移行できたとしても、一度詐欺被害を受けたウォレットは情報を抜かれている可能性が高いため、解除して今後は使わないようにしましょう。

弁護士に相談する

初回無料で相談を受けているところが多く、弁護士に相談する方法も有効です。

しかし、NFTは法整備が進んでいないこともあり、資産を戻すことは難しいのが現状ですが、法的措置を取れる可能性もあるでしょう。

調査会社に相談する

弁護士に相談した際も、証拠が不十分であることで依頼を断られてしまうことも珍しくありません。

返金請求が可能であった場合でも犯人が見つからない場合は、どうすることもできません。

NFT詐欺はWEB上である為、犯人が日本国内なのか海外で犯行をしてるのかが分からない状況が多いです。

その中で、調査会社は情報リサーチに特化した会社が多く、必要なデータを入手することが可能になります。

Web上に残る情報データを解析し調査がされていくのは、弁護士よりも調査に長けていると考えられます。

あわせて読みたい
東京中央信用調査(TCSC)は詐欺事件に強いって本当?実態を徹底調査してみた この記事はこんな人におすすめ! 国際ロマンス詐欺について東京中央信用調査への依頼を検討している 東京中央信用調査へ詐欺被害の調査を依頼したい 東京中央信用調査の...

仮想通貨詐欺でお困りの際は調査会社に相談がおすすめ

NFTは歴史が浅いゆえに、法がまだ整備されていないので、きちんと知識をつけていくことがとても重要になります。

詐欺に遭わないのが一番良い事ですが、できることはしっかり対策をしましょう。

万が一詐欺被害にあった際には、早めの相談が重要です。

東京中央信用調査会社は、デジタルにも強く、相手の情報を収集し返金できる可能性を高めます。

以下のリンクより無料相談ができますので、まずは相談することをおすすめします。

ターゲットを追跡&特定!!_東京中央信用調査 国際ロマンス詐欺でお金を騙し取られたなら、まずは調査会社に無料相談しましょう。

詐欺に強い調査会社であれば、弁護士や司法書士では特定できない詐欺師の口座等の情報を特定できる可能性があります。また、詐欺に強い弁護士も紹介してくれるため、詐欺師を突き止めたあとの返金請求までサポートしてくれます。

国際ロマンス詐欺に強い調査会社に相談したいなら、全国対応している『社団法人 東京中央信用調査』が1番おすすめです。

\ LINEでも電話でも最短即日で対応 /

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

海外詐欺に関する情報サイト「海外詐欺情報部」を運営。今まさに問題になっている最新お金トラブルの事例や情報を参考に、国際ロマンス詐欺などの海外を通じた詐欺に悩む方が知りたい情報を、初心者にも分かりやすくお届けします。