海外FXは危険性が高いといわれるのはなぜ?怪しい業者の見分け方

海外FXは危険性が高いといわれるのはなぜ?怪しい業者の見分け方

海外FXの利用による金銭的トラブルが発生しているため、金融庁が注意喚起しているのをご存知でしょうか。

海外FXは危険性が高いといわれる一方で国内FXにはない魅力があり、利用者は少なからずいます。

本記事では、海外FXの危険性が高いといわれる理由や、安全な業者を見分けるポイントなどを紹介します。海外FX詐欺に遭った場合の相談先も紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

【ロマンス詐欺/海外FX・仮想通貨詐欺に強い】当サイト人気の弁護士・調査会社
横山法律事務所_バナー

  • ①【迷ったらココ】横山法律事務所

    相談無料・最短即日対応・10,000件以上の豊富な相談実績など

    詐欺被害に遭ったら最初に相談したい当サイト人気No.1の法律事務所

  • ②ART法律事務所

    国際ロマンス詐欺・海外FX/仮想通貨詐欺などに特化した

    【海外事案・投資詐欺事案】に強い法律事務所

  • ③蒼空法律事務所

    投資詐欺や海外FX・仮想通貨詐欺、情報商材・副業詐欺への

    経験と実績が豊富な法律事務所

海外FXとは?

海外FXとは?

海外FXとは、海外に本社があるForeign Exchange:FXの業者で外国為替証拠金取引を行うことです。外国為替を利用して利益を得る取引は日本に限らず世界中で行われており、数多くの業者が存在します。

金融庁が定めるルールが適用されない海外FXは利益率が高い反面、トラブルが発生しても自己責任になるのが特徴です。

海外FXのメリット

海外FXには、主に以下のメリットがあります。

  • キャンペーンやボーナスが豊富
  • レバレッジに制限がない
  • MT4やMT5のような高機能の取引ツールが利用できる

海外FXは、ボーナスやレバレッジの制限が国内FXよりも厳しくなく、自由度が高いのが特徴です。

海外FXの危険性が高いといわれる理由

海外FXの危険性が高いといわれる理由

海外FXの危険性が高いといわれる主な理由は、以下の4つです。

  • 金融庁が警告している
  • 出金がしにくい
  • 資金管理があいまい
  • 国内FXより税金が高い

それぞれ解説します。

金融庁が警告している

海外FXの危険性が高いといわれる理由は、金融庁が警告しているからです。

金融庁は、詐欺被害や、取引で問題が発生しても解決できない事例が多いことから、海外FXへの勧誘に注意するよう警告しています。

金融庁に登録されていない海外FX業者が日本で取引を行うことは禁止されているため、利用前に確認することが重要です。

参考:無登録の海外所在業者による勧誘にご注意ください|金融庁

出金がしにくい

海外FXは以下の特徴があるため、出金しにくく危険性が高いと言われています。

  • 説明が日本語で書かれていても内容がわかりづらい
  • 入金や出金の基準を守っているかどうかは業者が判断する
  • ルールが頻繁に変わることがある
  • 日本のFX業者にはないルールがある

海外FXでは入金の仕方によって出金方法や金額が限定されることもあり、知らない間にルールを破っている可能性があります。
口座が凍結されていない限り出金できないことには理由があるので、取引内容を確認したり、FX業者に問い合わせしたりすることで解決できるでしょう。

資金管理があいまい

海外FXは危険性が高いといわれる理由は、資金管理があいまいという特徴があるからです。国内FX業者には金融庁が定めたルールが適用されますが、海外FX業者には顧客資金の扱いに関する規定がない場合が多いです。

資金管理があいまいだと、FX業者が倒産したときに預けた資金が返ってこなかったり、流用されたりする危険があります。

顧客の資金管理を外部に委託しているFX業者のほうが安全性は高いですが、自社で管理している海外FX業者が多いです。

国内FXより税金が高い

海外FXは、国内FXより税金が高いため、危険性が高いと言われています。

国内FXの利益にかかる税金は一律20%ですが、海外FXは雑所得に分類されて総合課税がかかるため、税率は15〜55%です。海外FXの利益は所得と合算されるため、所得税と同じく、利益が多いほど高額な税金がかかります。

年間所得が330万円以下の場合は、国内FXのほうが海外FXよりも税率が高くなります。しかし、基本的には海外FXのほうが税金が高いと把握しておきましょう。

危険性のある海外FXを見分けるポイント

危険性のある海外FXを見分けるポイント

危険性のある海外FXを見分けるポイントは、以下の3つです。

  • 金融ライセンスがあるか
  • 信託保全があるか
  • 海外FXとしての実績があるか

注意すべき点を知っておくと、海外FX詐欺の被害に遭いにくくなります。

金融ライセンスがあるか

金融ライセンスの有無は、危険性のある海外FX業者を見分けるポイントです。

金融ライセンスは各国が発行しており、日本より厳しい決まりが定められている場合もあります。イギリスやキプロスの金融ライセンスは規制内容が厳しく、世界的に信頼性が高いことで有名です。

基準が守られていないとライセンスが取り消しとなる可能性があるので、FX業者は安全性の維持のために努力を続けています。

ライセンス申請中の業者は、承認されるまで信用しない方が良いでしょう。海外FX業者のサービスの利用を始める前に、金融ライセンスがあるかを確認しましょう。

信託保全があるか

信託保全がある海外FX業者は、安全性が高いと判断できます。

信託保全とは、顧客資金を信託銀行のような第三者が管理する方法で、FX業者による持ち逃げや流用の心配がありません。信託保全があると、FX業者が倒産しても預けた資金が返金されるので、安心して利用できるでしょう。

日本では信託保全が義務化されていますが、海外では第三者による顧客資金の管理に関する規定はありません。

信託保全の採用にはお金がかかるため、詐欺目的の海外FX業者にはあまり見られない資金管理方法です。

海外FXとしての実績があるか

危険性のある海外FX業者を見分けるために、FX業者としての実績があるかを確認しましょう。

  • 運営歴の長さ
  • 入出金の実績
  • 口コミ

海外で実際に運営されているFX業者であり、他国の利用者がいると判断できれば安全性は高いでしょう。

経営を続けられず1〜2年で撤退する海外FX業者もあるため、運営歴の長さは3年以上が目安です。

実績のない海外FX業者を選ぶと、資金回収後にサイトを閉鎖され、お金を持ち逃げされる可能性があるため注意が必要です。

海外FXで被害に遭ったかもと思ったら

海外FXで被害に遭ったかもと思ったら

海外FXで詐欺被害に遭ったと思ったら、以下のように対応しましょう。

  • 入金をやめる
  • 海外FX業者に関する情報を収集・整理する
  • 弁護士に相談する

海外FX業者の情報があると弁護士への相談がスムーズになります。入金をやめることによって被害の拡大を防ぎつつ、海外FX業者の情報を集めて弁護士に相談しましょう。

返金の相談は弁護士事務所がおすすめ

海外FX業者に返金してもらいたい場合は、弁護士事務所に相談することをおすすめします。弁護士は海外FX業者と返金交渉ができるので、被害金が返ってくる可能性が高まります。

弁護士選びに悩んでいる場合は、投資詐欺の返金請求に強い横山法律事務所に相談しましょう。横山法律事務所では24時間365日無料相談を受け付けているので、海外FXで詐欺被害に遭った方は一度問い合わせてみてください。

横山法律事務所
横山法律事務所

横山法律事務所は詐欺被害相談総数が10,000件を超えており、200億円以上の詐欺事案に関わっている法律事務所のため、多くの口コミがあり、一定数の高評価があります。

料金 相談料:無料
成功報酬:2.2%〜
対応エリア 全国対応
受付時間 24時間365日
詐欺被害専用相談窓口 0120-249-024

\当サイト詐欺相談実績No.1/

ART法律事務所
ART法律事務所

ロマンス詐欺FX詐欺仮想通貨詐欺被害に特化しています。 弁護士歴16年のベテラン弁護士が、最短5分で調査結果をご報告&ご説明し、被害回復を行います。

料金 相談料:無料
成功報酬:3.3%〜
対応エリア 全国対応
受付時間 24時間365日
詐欺被害専用相談窓口 0120-758-069

\投資詐欺事案・海外事案に強い/

蒼空法律事務所
蒼空法律事務所

投資詐欺海外FX・仮想通貨詐欺情報商材詐欺の経験と実績が豊富な法律事務所です。 平成18年から弁護士として活動しているベテラン弁護士が、悪質な詐欺被害の回復を行います。

料金 相談料:無料
成功報酬:2.8%〜
対応エリア 全国対応
受付時間 24時間365日
詐欺被害専用相談窓口 0120-216-018
\投資詐欺事案・情報商材詐欺事案に強い/
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

詐欺に関する情報サイト「詐欺トラブルZERO」を運営。今まさに問題になっている最新お金トラブルの事例や情報を参考に、国際ロマンス詐欺などの海外を通じた詐欺に悩む方が知りたい情報を、初心者にも分かりやすくお届けします。