マッチングアプリのシンガポール人詐欺師に注意!ビットコイン詐欺の手口・対処法解説!

マッチングアプリで出会ったシンガポール人に騙されるといった、不幸な事例が相次いでいます。

これは男女問わずであり、中でも仮想通貨詐欺のひとつ「ビットコイン詐欺」が多い傾向です。

一体、マッチングアプリにいるシンガポール人詐欺師は、どんな手口でビットコイン詐欺をはたらいているのでしょうか。

ここでは、マッチングアプリにいるシンガポール詐欺師によるビットコイン詐欺の全貌、そして対処法を解説していきます。

 SNSやマッチングアプリ関連の詐欺被害が急増中です。特に異性を装い好意を利用した恋愛詐欺が増えています。 「返金してもらいたい」「詐欺かどうか相談したい」という方は、詐欺師の特定に強い調査会社へ相談してみましょう!(※弁護士に断られた方でも対応可)

\ LINEでも電話でも最短即日で対応 /


目次
  1. シンガポール人を名乗るビットコイン詐欺が増えている理由
  2. ビットコイン詐欺の手口
  3. シンガポール人詐欺師によるビットコイン詐欺の事例
  4. マッチングアプリにいるシンガポール人詐欺師の特徴
  5. マッチングアプリでビットコイン詐欺にあわないための対策
  6. マッチングアプリでビットコイン詐欺の被害にあってしまった時の対処法
  7. まとめ

SNSやマッチングアプリを使った海外FX・仮想通貨投資詐欺の被害者が急増中です。怪しいと感じても好意を感じているからつい騙されてしまうのが、マッチング詐欺.....

最近の詐欺の事例や返金などの実態はこちらの記事で解説しています。 

シンガポール人を名乗るビットコイン詐欺が増えている理由

シンガポール人を語るビットコイン詐欺が増えている理由
ビットコインというと、投資家以外にとっては「なんとなく名前は知っているけど馴染みがない」という方がほとんどでしょう。

「なんでわざわざビットコインなの?」と思う方が多いかと思いますが、これにはシンガポールの経済状況が関係しています。

シンガポールは、相続税や贈与税がかからず、所得税や法人税も低いのが特徴。税率の低さから富裕層が節税を目的に移住することが多く、起業や投資も積極的に行われています。

もちろんビットコインをはじめ仮想通貨の投資も盛んに行われており、仮想通貨支払いを導入したフードコートや現金での入出金もできる仮想通貨ATMが登場するなど、一般的な生活にも少しづつ浸透し始めています。

上記のような背景から、ビットコインを利用した詐欺が増加傾向にあると考えられます。

参考:START! – 朝日新聞 DIGITAL(https://www.asahi.com/ads/start/articles/00293/)

ビットコイン詐欺の手口

ビットコイン詐欺の手口

ビットコインとは、中央の管理者を持たないP2Pの取引が可能な仮想通貨(暗号資産)で、億り人といった言葉を生み出した仮想通貨です。

一夜で億万長者”のイメージが強いため、投資の素人にはうまみがあると思われやすい投資ではないでしょうか。

そんなビットコインを利用した詐欺の手口は、いわゆる「ロマンス詐欺」と呼ばれるものが大半です。

魅力的な異性を装い、親密な関係になったところでターゲットにビットコインへの投資をすすめ、金銭を騙し取るのがよくある手段。

好意を持っている相手に正常な判断ができなくなったり、「投資を断ったら嫌われてしまうのでは」と思い込むことで騙されてしまう人が後を絶ちません。

マッチングアプリでのビットコイン詐欺でありがちな流れは下記の通りです。

手口①LINEに誘導される
手口②「あなたと付き合いたい」などいきなりアプローチされる
手口③何気ないやり取りが続く
手口④投資話が始まる
手口⑤投資に勧誘される
手口⑥最初は利益が出る
手口⑦保証金や税金の支払いを要求される
手口⑧連絡が途絶える

手口①LINEに誘導される

シンガポール人詐欺師はマッチングアプリでメッセージを送った後、すぐにLINEでのやり取りを促してきます。

詐欺師でなくても「メッセージ送信にお金がかかる」という理由でLINEを交換するのはよくあることですよね。

しかし、詐欺師がLINEに移行したがるのは、単純に連絡が取りやすいことに加えてマッチングアプリのアカウントが凍結されたときの保証と考えられます。

手口②「あなたと付き合いたい」などいきなりアプローチされる

マッチングアプリで出会った相手とは、せめて1度くらいは実際に会わないとなかなか猛烈にアタックしてくる人はいないでしょう。

しかし、シンガポール人詐欺師は、メッセージのやり取りだけで出会ってすぐに好意があるような態度を示してきます。

たとえば「あなたはとても魅力的だ」「恋人になりたい」「いっしょになりたい、暮らしたい」といった甘いメッセージをたくさん送ってくるなどがあげられます。

手口③何気ないやり取りが続く

詐欺師もターゲットを騙すために、いきなりお金を無心するようなことはしません。

LINEを交換すると、決まった時間に身の上話や「ご飯食べた?」「仕事終わった?」など他愛のないメッセージが頻繁にやってくるそうです。

そして、“あなたに会いたい”など、恋愛感情を揺さぶるようなLINEを日々送り続けます。

時間をかけて信頼関係を築いていくと共に、ターゲットの仕事や経済状況を探ることを目的としているのでしょう。

手口④投資話が始まる

相手がある程度信頼してきた頃を見計らい、シンガポール人詐欺師は投資の話を持ちかけてきます。

  • 姉が金融アナリストで勝ち筋を知っている
  • 知り合いに投資家がいる
  • 非公開に投資ツールがある…など

こういった条件が整っているから自分は儲けている、といったことを伝えてきます。

もちろん、偽造された勝ちチャートなどのスクショも送られてくることで、より信憑性が高いイメージを抱かせるのも手口です。

手口⑤投資に勧誘される

先述したように、マッチングアプリでのビットコイン詐欺は、ロマンス詐欺の一種です。

  • 結婚資金を貯めるために投資してほしい
  • 日本に家を買うからあなたも儲けてほしい…など

相手の好意を利用してビットコインへの投資を勧誘してきます。

手口⑥最初は利益が出る

投資の話に乗ると、シンガポール人詐欺師は下記を実行します。

  • 詐欺サイトへの誘導
  • 大手サイトに誘導し偽チャートを送る

最初は少額から投資の話を持ちかけ、利益が出ているように見せかけます。ターゲットが安心したところで、次第に高額投資を要求してくるようになります。

手口⑦保証金や税金の支払いを要求される

先述したように、ビットコインの投資用として誘導されたプラットフォームは詐欺サイトです。

高額投資をしたところで利益が出なくなったり、サイト閉鎖といったトラブルが起きるでしょう。

「別のサイトを紹介するけど、登録するためには保証金がかかる」などと言ってさらに金銭を要求するのはよくある手口。

また、ターゲットが投資をやめてお金を引き出そうとすると「税金の支払いが必要」と言って簡単にはお金を取り戻すことができない状況になってしまいます。

手口⑧連絡が途絶える

最終的にはお金が取り戻せないまま相手からの連絡が途絶えたり、LINEアカウントが削除される・ブロックされるといった流れが一般的です。

騙されたと気付いたときには相手の素性も所在もわからず、残っているのはLINEでのやり取りだけ。

まさに、ロマンス詐欺の手法を活用したビットコイン詐欺の典型例といえるのではないでしょうか。

あわせて読みたい
ビットコイン詐欺の手口とは?基本的な手口とその対処法を徹底解説! ビットコインを利用した詐欺が横行しています。 ロマンス詐欺などから勧誘された、SNSなどで知り合った人が金融アナリストと知り合いだからと誘われた…など、ネットを発...

詐欺被害の解決は誰に頼む?

詐欺被害の解決は調査会社に相談が解決最短ルートなんです…

詐欺に強いおすすめの調査会社はこちら!

シンガポール人詐欺師によるビットコイン詐欺の事例

シンガポール人詐欺師によるビットコイン詐欺の事例
シンガポール人詐欺師によるビットコイン詐欺では、実際にどのような事件が起こっているのでしょうか。

メディアで報道された事例と、Twitterにて詐欺師に遭遇した方の口コミをまとめてみました。

事例①マニュアル化された詐欺により金銭を騙し取られる
事例②共同の投資話を持ち掛けられ仮想通貨1800万円分を騙し取られる
事例③Twitterのビットコイン詐欺の遭遇情報

事例①マニュアル化された詐欺により金銭を騙し取られる

この事件は、複数人が同じマッチングアプリから同様の手口でお金を騙し取られたことから、組織的にマニュアル化されていると考えられる事案となっています。

被害女性は、大手マッチングアプリで知り合った、東京在住・日本人とシンガポール人のハーフを名乗る男と出会いメッセージのやり取りを開始。

メッセージをやり取りしていた被害女性は、加害男性から紹介された偽サイトに約900万円分のビットコインを送金し、騙し取られています。

被害女性によると、日常的な会話をしている中で何かにつけて「ご飯食べた?」「何食べた」と聞かれたと語っています。

「ご飯食べた?」は中国の挨拶でよく使われる言葉だそう。

このことから中国系の犯罪組織による犯行が疑われています。

参考:「ご飯食べた?」「何食べた?」は、美男美女になりすました詐欺師のサイン!背後にうごめく犯罪組織は? | Yahoo!ニュース

事例②共同の投資話を持ち掛けられ仮想通貨約1,800万円分を騙し取られる

被害者は、大津市で会社員として働く65歳の男性。

被害男性は、メッセージアプリで知り合ったシンガポール在住の女性を名乗る相手から共同の投資話を持ちかけられたとのこと。

計8回に渡って指示された仮想通貨交換所のサイトへビットコインを送金しますが、偽サイトでお金が引き出せなかったそう。

被害額は約1,800万円にのぼっています。

参考:63歳男性、仮想通貨1800万円分詐欺被害 海外在住の女性名乗る人物に | 京都新聞

事例③Twitterにてビットコイン詐欺の遭遇情報

Twitterに投稿されている、ビットコイン詐欺と思われる事例をいくつかまとめてみました。

シンガポール人を名乗るビットコイン詐欺師は、マッチングアプリのみならずTwitterやInstagramにも出没しているようです。

「ビットコインを私に預けて」「ビットコインを送金したら3倍にしてあげる」などの誘い文句には乗らないようにしましょう。

マッチングアプリにいるシンガポール人詐欺師の特徴

マッチングアプリにいるシンガポール人の特徴
今、ティンダーやタンタン、ペアーズなど外国人と出会えるマッチングアプリが急増しています。

シンガポール人詐欺師は、そこに登録する日本人をターゲットに投資詐欺を持ちかけており、毎年多くの人たちが騙されている状況です。

ここでは、マッチングアプリにいるシンガポール人詐欺師の特徴をまとめました。

特徴①容姿端麗
特徴②富裕層を装う
特徴③好意がある風を装う
特徴④電話や直接会うことは嫌がる
特徴⑤投資で儲けていることを匂わせる
特徴⑥身内に金融アナリストがいる設定

それぞれ解説します。

特徴①容姿端麗

マッチングアプリにいるシンガポール人詐欺師は、決まって容姿端麗です。

どこからか他人やモデルの写真を悪用していることがほとんどなのですが、イケメンや美女との出会いに舞い上がってしまうのはごく自然なことですよね。

しかし、実際にやり取りしている詐欺師は別の人で、複数人がグループとして1人を演じていることもあれば、異性ですらないこともありえます。

また、「シンガポール人」を自称しているだけで、実際には別の国籍であることもあります。

Google画像検索をかけたり、同名でほかSNSなどをやっているか検索してみることをおすすめします。

特徴②富裕層を装う

シンガポール人詐欺師は、プロフィールで高収入な設定にしていることも特徴の1つ。また、豪華なアクセサリーや食事、住宅などの写真を使って、富裕層であることを匂わせるのもよくある手口です。

職業としては実業家や医師、エンジニア、令嬢・御曹司など富裕層を装うことが多いようです。

中には具体的な年収を示したり、職場の写真を送付してくる詐欺師もいるのだとか。

特徴③好意がある風を装う

先述したように、シンガポール人詐欺師は、実際に会ってもいないのにいきなり好意があるようなメッセージを送ってくるという特徴があります。

「日本と文化が違うから」と信用せずに、突然甘い言葉を連発してくる相手は警戒した方が良いでしょう。

特徴④電話や直接会うことは嫌がる

詐欺師はシンガポール人を語ったり魅力的な異性を演じていても、実物は異なります。電話や実際に対面してしまうと、当然正体がバレてしまいますよね。

そのため、電話や直接会おうと計画を組むのを嫌がるケースがほとんど。「電話しよう」「いつ会える?」といった話を持ちかければ、話をそらされたりスルーされることが大半です。

特徴⑤投資で儲けていることを匂わせる

シンガポール人詐欺師の多くは、投資で儲けていると伝えてきます。

高級腕時計を身につけた写真やセレブな生活の写真、貯蓄額などを見せるなど、「私は投資でここまで稼いでいる」といったことをアピールするのです。

特徴⑥身内に金融アナリストがいる設定

手口の章でご紹介したように、ビットコイン詐欺の手法として、身内に金融アナリストがいる設定はよくあります。

「姉が金融アナリストで、正確な相場情報を教えてくれる」といった話題を出し、「興味があればいっしょに投資しよう」「儲けるための情報を教えてあげる」などと言って投資に勧誘するのです。

これこそ、シンガポール人詐欺師が投資詐欺に持ち込もうとする手口といえるでしょう。

あわせて読みたい
ロマンス詐欺に騙されているかも!?相談先はどこにすべきか徹底解説! 大金を搾取されることの多い危険な詐欺のひとつ、ロマンス詐欺。 今、ロマンス詐欺の被害者が増加傾向にあり、一人数百、数千万円といった被害が出ているともいわれてい...

マッチング詐欺はどうすべき?

マッチング詐欺は騙されてることに気づきにくい詐欺なんです。

  • 投資話を異性に持ちかけられている
  • 仮想通貨・FXなどの投資話をDMなどで話された
  • 身の上話をされ現金振込が求められている

少しでも怪しいと思ったら、詐欺被害に強い調査会社は"ここ"がおすすめ!

マッチングアプリでビットコイン詐欺にあわないための対策

マッチングアプリでビットコイン詐欺にあわないための対策

マッチングアプリでビットコイン詐欺の被害にあわないためには、下記6つの対策が有効です。

対策1.メッセージを送る前によく相手を調べておく
対策2.会えない人とはやり取りしない
対策3.実際に会うまではアプリ内のメッセージ機能を使う
対策4.個人情報をむやみに教えない
対策5.ビットコインの話を持ち掛けてきたら関わりを絶つ
対策6.運営に通報

対策1.メッセージを送る前によく相手を調べておく

一般的なマッチングアプリでは、「いいね」などのアクションをお互いに取ることで、メッセージのやり取りができるようになります。

メッセージを送る前に、相手のことをよく調べておくことで、悪質なユーザーを避けることができます。

たとえば、GoogleやSNSで相手の名前を検索する、プロフィール写真をGoogle画像検索にかけるといったことなら誰でも簡単にできるでしょう。

詐欺まがいの行為を繰り返しているユーザーであれば、名前といっしょに「ビットコインの勧誘を受けました」などの口コミ情報が見つかるかもしれません。

詐欺師でなくても「既婚者」「失礼なことを言われた」など問題行為が明らかになることもあるので、自分でできる範囲でリサーチしておきましょう。

対策2.会えない人とはやり取りしない

全てとは言い切れませんが、ビットコイン詐欺をしかけてくる人は、実際に会うことをさけてメッセージのやり取りのみで勧誘してくる傾向にあります。

具体的に会う予定を聞いたときに話しをそらされたり、「海外在住なのですぐには会えない」などと誤魔化された場合は、長くメッセージを続けても出会いには繋がらないでしょう。

確実に会う気がある人とだけ、メッセージで交流するのがベストです。

対策3.実際に会うまではアプリ内のメッセージ機能を使う

実際に会って信頼できる人か確認するまでは、LINEなどは交換せず、アプリ内だけで交流すると安心です。

一般的なマッチングアプリでは、メッセージのやり取りを行う前に身分証の提出が必須となっています。

アプリ内でやり取りできている=相手は身分証を提出済ということなので、比較的安全に交流できるというわけです。

また、相手が詐欺行為などでほかのユーザーから通報されると、要注意人物として特定のマークが表示されたり、アカウントが凍結されることもあります。

問題のある人物が一目でわかるのも、マッチングアプリ内で交流をはかる強みです。

対策4.個人情報をむやみに教えない

注意すべきなのは連絡先だけでなく、名前や住所、職場などの個人情報もむやみに教えないようにしましょう。

相手が詐欺師であった場合、入手した個人情報は悪用されてしまう可能性があります。

もしくは「指示通りに動かなければあなたの個人情報をばらす」など脅迫行為に利用されてしまうことも十分考えられます。

対策5.ビットコインや投資の話を持ち掛けてきたら関わりを絶つ

それまで仲良くやり取りをしていたとしても、ビットコインや投資、お金関連の話しを持ちかけてきた時点で、相手を詐欺師と断定して問題ないでしょう。

ブロック機能などを利用して、それ以上関わりを持たないようにしましょう。

仮想通貨・投資にはリスクがつきものです。マッチングアプリで知り合った相手に勧めるのは不自然と言えるでしょう。

「絶対に儲かる」「結婚資金を貯めるためにいっしょにやろう」など甘い言葉には惑わされないように注意してください。

対策6.運営に通報

どちらかというとほかのユーザーが被害にあわないための対策になりますが、詐欺師と疑わしい相手に出会ったら、積極的に運営に通報しましょう

どのマッチングアプリでも、恋活・婚活に関係のない目的や詐欺行為は利用規約違反。

違反者を通報すれば、運営側で強制退会させるなどなにかしら対処してくれるはずです。

マッチングアプリでビットコイン詐欺の被害にあってしまった時の対処法

まとめマッチングアプリでビットコイン詐欺の被害にあってしまった時の対処法

「ビットコインを送金した相手と連絡が取れなくなった」「お金を引き出そうとしたら手数料を払えと言われた」など、金銭的な被害にあってしまった場合の対処法をご紹介します。

真っ先にすべきことは、送金先の銀行や決済に利用したクレジットカード会社などに連絡を入れること。

銀行やクレジットカード会社が対処不可の状態であれば、調査会社への相談をおすすめします。

対処法1.まずは銀行やクレジットカード会社に連絡を入れる
対処法2.自分で対処できないと判断したら調査会社へ!
対処法3.警察へ相談する

補足.便利屋・何でも屋に頼んでも大丈夫?

対処法1.まずは銀行やクレジットカード会社に連絡を入れる

真っ先に行うべきことは、振込先の銀行や決済で利用したクレジットカード会社に連絡を入れることです。

詐欺被害にあったことを相談すれば、銀行であればお金が引き出される前に口座凍結、クレジットカード会社であれば決済の取消や被害金返還などの対応をしてくれる可能性があります。

ただし、上記は必ず実施してもらえるとは限りません。自分1人で対処するのが難しい場合は、次にご紹介する調査会社への相談をおすすめします。

対処法2.自分で対処できないと判断したら調査会社へ!

ターゲットを追跡&特定!!_東京中央信用調査

マッチングアプリで出会うシンガポール人詐欺師の厄介なところは、連絡手段がLINEなどしかなかったり、相手の身元が海外である上に提示してきた個人情報は全て虚偽であることです。

そのため、こういった事例は泣き寝入りが多いのが事実といわれています。しかし、諦めてはなりません。

シンガポール人詐欺師に騙されたら、まずは犯人特定のために調査会社に相談しましょう。

\ 海外FX/仮想通貨詐欺に対応 /
あわせて読みたい
社団法人 東京中央信用調査(TCSC)の評判は?口コミなど徹底調査 この記事はこんな人におすすめ! 東京中央信用調査の口コミ評判が知りたい 東京中央信用調査に相談しようか迷っている 東京中央信用調査の情報が詳しく知りたい 調査会...

対処法3.警察へ相談する

ここまでで「なぜ警察への相談がおすすめじゃないの?」と疑問に思った方も多いかと思います。

詐欺に巻き込まれたとき、真っ先に考えるのは警察への通報ですよね。

しかし、警察も調査会社ほどの調査能力を発揮してくれるか定かではなく、さらに民事不介入の原則があることから返金請求ができません

さらに、警察への被害届の提出は時間がかかるため、解決への道筋が立たないままどんどん詐欺師を追い詰めるための手立てが失われてしまう恐れがあるのです。

まずは調査会社への依頼→相手の素性を暴き証拠を集める→弁護士と連携して返金請求という流れが最短の解決フローとなっています。

補足.便利屋・何でも屋に頼んでも大丈夫?

結論から言うと、便利屋・何でも屋は詐欺事件に対して有効な解決策がありません。

詐欺事件の調査は専門知識がないと難しいものです。実績がない業者に依頼してしまうと、解決できないままさらに高額な依頼料だけ支払うことになりかねません。

まとめ

まとめ

今回は、マッチングアプリのシンガポール人詐欺師について、ビットコイン詐欺の手口や特徴、対処法をご紹介しました。

本記事の内容を簡単におさらいしてみましょう。

  • シンガポールはビットコインへの投資や利用が浸透しており、詐欺に利用されやすい背景がある
  • マッチングアプリでのビットコイン詐欺は、いわゆる「ロマンス詐欺」の1種
  • 容姿端麗・高収入などハイスペックな異性からのメッセージには注意する
  • 「身内に金融アナリストがいるから正確な情報を持っている」「絶対に儲かる」などの誘い文句にはのらない
  • 詐欺被害にあってしまったら、調査会社への相談がおすすめ

マッチングアプリにいるシンガポール人詐欺師に騙されたと感じたら、まずは東京中央信用調査へ相談です。

スピーディに解決へ話を進めていきましょう。

下記のボタンからご確認できます。

ターゲットを追跡&特定!!_東京中央信用調査 国際ロマンス詐欺でお金を騙し取られたなら、まずは調査会社に無料相談しましょう。

詐欺に強い調査会社であれば、弁護士や司法書士では特定できない詐欺師の口座等の情報を特定できる可能性があります。また、詐欺に強い弁護士も紹介してくれるため、詐欺師を突き止めたあとの返金請求までサポートしてくれます。

国際ロマンス詐欺に強い調査会社に相談したいなら、全国対応している『社団法人 東京中央信用調査』が1番おすすめです。

\ LINEでも電話でも最短即日で対応 /

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

海外詐欺に関する情報サイト「海外詐欺情報部」を運営。今まさに問題になっている最新お金トラブルの事例や情報を参考に、国際ロマンス詐欺などの海外を通じた詐欺に悩む方が知りたい情報を、初心者にも分かりやすくお届けします。