パパ活は慰謝料の請求可能?気になるポイントを解説

結婚した男性が自分に内緒でパパ活を行なっていた場合、どのようなケースだと不倫として慰謝料を請求できるのでしょうか?

夫が妻に内緒でパパ活を行なっていた場合、夫婦関係を裏切るような不倫行為があれば妻は夫やパパ活をしていた女性に対して慰謝料を請求することができます。

しかし、請求する妻の立場によっては支払われる請求額が変わってくるので複雑な面があります。

この記事では、パパ活における慰謝料請求について気になるポイントをくわしく解説していきます。

 SNSやマッチングアプリ関連の詐欺被害が急増中です。特に国際ロマンス詐欺・結婚詐欺・美人局・デート商法が増えています。「返金してもらいたい」「詐欺かどうか相談したい」という方は、詐欺師の特定に強い調査会社へ相談してみましょう!(※弁護士に断られた方でも対応可)

\ LINEでも電話でも最短即日で対応 /



SNSやマッチングアプリを使った結婚詐欺・国際ロマンス詐欺の被害者が急増中です。怪しいと感じても好意を感じているからつい騙されてしまうのが、結婚詐欺や国際ロマンス詐欺.....

結婚詐欺や国際ロマンス詐欺の事例や返金などの実態はこちらの記事で解説しています。 

パパ活とは?


「パパ活」は、女性が男性と一緒の時間を過ごしその対価として金銭を得る活動のことを指します。

近年、パパ活は社会に広く浸透しており、小遣い稼ぎをする女性や女性に会いたい既婚男性の間でパパ活利用者は増えている傾向にあるのです

しかしパパ活は不倫や不貞行為などの法的な問題に発展してしまうことがあります。

パパ活によって夫婦関係が破綻してしまった場合、妻がパパ活をした夫や女性に対して不倫として慰謝料を請求するケースが出ています。

パパ活で慰謝料を請求できるケース


では、夫が女性とパパ活をしていたことの代償として、妻が不倫の慰謝料を請求できるのはどういったケースがあるのでしょうか。

結論を先に申し上げると、パパ活の内容が不倫にあたるかが重要な視点となります。

論点となるのは以下の2点です。

  • 既婚者と知っていて肉体関係を持った
  • 婚姻関係を破滅させるほど親密交際をした
  • 以下、くわしく解説していきます。

    既婚者と知っていて肉体関係を持った

    女性が、知り合った男性にすでに結婚相手がいたことを知った上で肉体関係を持った場合、不倫とみなされます。

    しかも、パパ活をしていた女性が「相手が既婚者だということを認識せずに肉体関係を持った」場合でも、女性の「過失」にあたる可能性があります。

    この「過失」とは、自分が気をつけていれば相手が結婚していたことを認識できた状態を指します。

    そのため、どのような理由があってもパパ活で肉体関係があったら不倫行為とみなされ、法的な問題になる可能性があるのです。

    結婚生活を破綻させるほど親密交際した

    二人に肉体関係がなかったとしても、何回もデートなどを繰り返し親密な交際に発展したことで平穏だった結婚生活が破綻してしまう事があります。

    この場合、妻が穏やかに家庭生活を送る法的権利を侵害されたとして女性に対して慰謝料を請求できる可能性があります。

    パパ活で慰謝料を請求できないケース


    一方、パパ活を行っていたにも関わらず夫や女性に慰謝料を請求できないケースもあります。

    以下の3点が当たります。

  • そもそも男性が既婚者であることを知らなかった
  • 二人に肉体関係が無かった
  • 夫婦の婚姻関係がすでに破綻していた
  •  

    そもそも男性が既婚者であることを知らなかった

    女性が、相手男性がすでに結婚していることをまったく知らなかった場合、「故意」がなかったとみなされ不貞行為の要件を満たさないケースがあります。

    しかし相手男性と会っている時、明らかに結婚している事がわかるケースがあります。

    例えば、二人が会っているときに男性が常に結婚指輪を嵌めていたり、知り合うきっかけとなったSNSやアプリなどのプロフィールの欄に「既婚者」と書かれていたりした場合などです。

    このように明らかに男性に配偶者がいる事が推測できる場合は「不注意」とみなされ女性の過失を認められやすくなるケースがあります。

    肉体関係がなかった

    夫と女性に肉体関係が無かった場合、不貞行為とはならず基本的に慰謝料を請求する事ができません。

    しかし、夫が家庭を顧みないほど女性にのめり込んだり、家に帰ってこなくなってしまったりした場合は夫婦の婚姻関係を破綻させるほど親密に交際していたと見なされ、妻は女性に対して慰謝料を請求できる可能性があります。

     

    婚姻関係がすでに破綻していた

    女性が夫と肉体関係を持ったとしても、夫婦関係がすでに破綻していた場合は妻に対して法的に保護すべき権利や利益がないため不法行為が成立しません。

    そのため、たとえ肉体関係があったとしても女性に慰謝料を支払う義務は発生しません。

    ただし、夫が「すでに妻とは夫婦関係が崩壊している」と女性に伝えていた場合、女性が本当に妻との夫婦関係が破綻しているのかを事実確認していなかった時は、女性に過失があったとして慰謝料を請求できる可能性があります。
    あわせて読みたい
    結婚詐欺に遭った場合まず何をするべき?注意するべきポイントを解説 結婚詐欺は自分には関係のない話だと考える人が多いですが、被害に遭った人も自分が被害に遭うとは思わなかったという人がほとんどです。近年結婚詐欺の手口は巧妙にな...
    \ 海外FX/仮想通貨詐欺に対応 /

    パパ活で慰謝料を請求した場合の相場は?


    パパ活に伴う慰謝料の相場は総合的に判断され、夫が不倫をしていたケースの慰謝料の相場が参考になります。

    結論として、パパ活において不倫や不貞行為があった場合、慰謝料として支払われる相場は50万円〜300万円程度まで幅があります。

    理由としては、不倫行為の内容や妻の権利の侵害の程度によって支払いを命じられる金額が異なるからです。

    例えば、パパ活によって夫婦関係が悪化し離婚に至ってしまった場合は慰謝料の金額が高くなる傾向にあります。

    一方で、不倫後も離婚や別居をすることなく、夫婦がこれまで通り同居している場合は権利の侵害は小さいと見なされ、慰謝料の金額は低くなる可能性があります。

    具体的な慰謝料の目安として、夫婦が離婚しなかった場合は50万円〜150万円程度で、離婚に至ってしまった場合は100万円〜300万円程度になることが多くあります。

    パパ活で慰謝料請求する場合に必要なものは?


    パパ活を行った夫や女性に対して慰謝料を請求する場合には、不倫行為があった事がわかる証拠が必要となります。

    不倫行為の証拠としては、対面した場所や時間、デートの内容がわかるもの、またはメールやSNSでのやり取りなどのテキストメッセージ、相手の連絡先などが挙げられます。

    パパ活の慰謝料請求に必要な証拠を集めるには?

    慰謝料を請求するためには、不貞行為があったとわかる証拠を集める必要があります。

    方法は以下の2通りです。
     

    自分で証拠を集める

    1つ目は誰にも頼らずに自分で証拠集めをする方法です。まずは自分ができることから証拠集めをします。

    例えば、女性の連絡先を把握して相手の情報を知ることです。

    一般的にパパ活は会員制のマッチングアプリを利用して知り合う事が多く、その後に連絡先を交換している可能性が高いです。

    女性の連絡先を把握できれば、接触できるので夫との間に何があったのか問いただす機会を作れます。

    しかし夫が証拠を消してしまい、女性の情報がわからず慰謝料を請求する事が難しくなる可能性もあります。

    その場合は、何があっても夫を責めないことを条件に女性について話してもらうというのも方法の1つです。

    このように自分で証拠を集めるメリットとしては、弁護士に依頼した時にかかる弁護士費用を支払わなくていいという点です。

    仮に不倫や不貞行為が行われていなかった場合は、弁護士に支払った金額が無駄になってしまう事があるので経済的な方法といえます。

    一方でデメリットとしては、夫と話し合っても感情的になってしまったり女性に言いくるめられたりして、交渉がうまく進まない可能性があるという点や、個人での情報収集は非常に時間がかかり骨の折れる作業ということです。

    また、夫がパパ活をしていた女性にお小遣いなどの形でお金をつぎ込んでいた事が証明できれば、慰謝料を増額できる可能性もありますが、法律の形式でこの証拠を自分で主張するのは難しいものです。

     

    弁護士に依頼する

    弁護士にパパ活に関する証拠を集めてもらい確認してもらうことで、交渉に向けたアドバイスや見通しをつけてもらう事ができます。

    弁護士に依頼するメリットは、女性の電話番号がわかっていれば弁護士のみに利用が認められている「弁護士会紹介」という制度を使って女性が誰なのかを特定できる点です。

    また、肉体関係がなかったとしても親密な交際をしていたことを法律の専門家から話してもらうことで相手の女性に慰謝料を請求できる場合もあります。

    しかし弁護士に依頼するデメリットは、結果に関係無く着手金としてお金を用意しなければいけないケースがある点です。

    また、パパ活を行なっていた女性から慰謝料を支払ってもらったとしても、慰謝料の何割かを成功報酬として弁護士に支払うのが一般的なので、思ったよりもお金がかかってしまうケースがあることがデメリットといえます。
    あわせて読みたい
    結婚詐欺の相談はどこにすればいい? 相談前に知っておきたいこと 近年ではマッチングアプリや婚活パーティーを使って結婚をするカップルが増加しましたが、それらのサービスを利用した結婚詐欺の被害も問題となっています。 結婚詐欺で...
    \ 海外FX/仮想通貨詐欺に対応 /

    パパ活で慰謝料を請求するなら調査会社に身辺調査を相談


    パパ活をした女性の所在が不明な場合や、証拠がない場合には弁護士に相談しても断られてしまうケースがあります。

    もし、相手の女性の身辺に関する情報が分からないときは、調査会社に依頼しましょう。依頼するときは、身辺調査に実績がある調査会社を探して、相談することをおすすめします。

    パパ活なのか不倫なのかわからないことも多い

    夫がパパ活をしている女性と交際し性交渉をしていたとしても、証拠がなければ不貞行為の証明ができません。

    疑わしい行動をしている夫に愛想がつき、離婚を決意した場合に必要なのが不貞の証拠が有るかどうかです。証拠の有無で慰謝料請求の進め方はかなり変わってくるでしょう。

     

    相談は東京中央信用調査がおすすめ

    調査会社には、パパ活を行った女性に対する調査を依頼できます。

    パパ活を行った女性の特定ができない場合や不貞行為の証拠がない場合など、調査が必要なケースでもっとも頼れるのが調査会社です。

    ただし、調査会社は加害者に返金請求ができないので、調査結果をもとに弁護士に依頼しなければなりません。

     

    調査会社選びで迷ったときには、詐欺被害の調査や身辺調査を得意としている東京中央信用調査に依頼することをおすすめします。

    東京中央信用調査がおすすめな理由は次のとおりです。

  • システムエンジニアやプログラマースキルを持ったネット領域に強い調査員が在籍
  • 詐欺の調査実績が豊富
  • 身辺調査も可能
  • 24時間365日いつでも相談受付できる
  • パパ活で支払われる慰謝料の相場は、50万円〜300万円と幅広いです。しかし自分で証拠集めから裁判まですべてを行うのは限界があります。

    夫がパパ活で不倫や不貞行為をしているかもしれないと思った場合は、東京中央信用調査に相談してみましょう

    悪徳詐欺師を追跡&特定!!_東京中央信用調査 結婚詐欺やデート商法、美人局でお金を騙し取られたなら、まずは調査会社に無料相談しましょう。

    詐欺に強い調査会社であれば、弁護士や司法書士では特定できない詐欺師の情報を特定できる可能性があります。また、詐欺に強い弁護士も紹介してくれるため、詐欺師を突き止めたあとの返金請求までサポートしてくれます。

    結婚詐欺に強い調査会社に相談したいなら、全国対応している『社団法人 東京中央信用調査』が1番おすすめです。

    \ LINEでも電話でも最短即日で対応 /

    よかったらシェアしてね!

    この記事を書いた人

    海外詐欺に関する情報サイト「海外詐欺情報部」を運営。今まさに問題になっている最新お金トラブルの事例や情報を参考に、国際ロマンス詐欺などの海外を通じた詐欺に悩む方が知りたい情報を、初心者にも分かりやすくお届けします。